福島県 郡山市 曹洞宗のお寺|徳成寺(とくじょうじ)
コンテンツ

生と死を考える時間

あなたはそこに

  新しい年がはじまりました。智慧を学ぶことで、現れた世界を悲しみや苦しみに染めることから少し離れてみましょう。   「ほんとうに出会ったものにわかれはこない」、こんなふうに言える人生を歩みたいもので …

きのうはあすに

年の瀬を迎え、なんとなく慌ただしさを感じます。 こんな時節に、読んでおきたい詩です。   いろんなものを抱えながらの人生です。 良いお年をお迎えください。       きのうはあす …

梅酒

  高村智恵子さんは1938年に53歳で亡くなりました。   10年を超す梅酒を口に含む光太郎。そのひと時は、共に過ごした日々を愛おしむと同時に、智恵子と出会いなおすための時間でもあったと思います。 …

私と他者・私の他者・他者の私

  私という円を書いて、他者という円を書く。他者とは、例えば家族であり、地域社会であり、職場や学校であり、世間のこと。二つの円の重なりあったところが、いわゆるの人間関係。   重なり合った赤い色だけを …

追憶としての死者の人格

  死後、私たちは何処に行くのでしょうか。霊や魂になって地獄や浄土、天国や黄泉の国に行くと答える方もいれば、「人間、死ねばおしまいよ」と考える方もいるでしょう。魂としてずっとあなたのそばにいる、また、大自然に還 …

« 1 24 25 26 27 »
PAGETOP
Copyright © 曹洞宗 光邦山 徳成寺 All Rights Reserved.